カテゴリー
未分類

発達障害の子供の問題行動を改善するのに役立つABAという児童発達支援

私は現在発達障害を患っている子供や自閉症児などが療育に通っている施設で働いています。

ここで近年取り入れているものとして、ABAと呼ばれる児童発達支援方法が挙げられます。これは自閉症児や発達障害を患う患者の問題行動を改善するのに用いられている方法であり、その効果は科学的に実証されているのです。

アメリカでは多くの州で自閉症の子供の療育として保険が適用されていると評価されていて、世界中にもその広まりが見られています。私が通っている施設では、このABAを積極的に導入しています。

児童の様々な問題行動へ適切に対応できるようにと、私をはじめとした運営スタッフに対しABAの基礎研修が行われているのです。保護者に対しても専門家による講習実績などもあって、自宅でも療育が行えるようなサポートがなされています。

具体的にどのように活用しているのかと言うと、課題を細分化して達成感を増やします。生活に必要な様々な動作がありますが、これらの練習においてオーダーメイドで課題を細分化します。

身支度や着替えなどの時間もたくさんの達成感を得られるように支援しています。また簡単なことからできることを増やしているのも一つの方法です。例えば運動療育などにおいて基礎的な動きを様々なバリエーションで楽しく習得しています。

出来る動きを確実に増やす事が出来るので、楽しさや心地よさを強く感じることができ、苦手を感じにくいようです。これからも成功体験をたくさん積み上げてあげたいです。
https://misato.famigliainc.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。